富 岳 放 浪 記

追えば逃げ つかんだと思えば消える 蒼く 赤く 変幻自在の富士を捉える撮影の物語

タグ:トレッキング

富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、最終話です。





イメージ 1





山の神に願いは届きいたようです。

早朝の滝子山は風もなく撮影日和。

気温-8℃。

そこには、前日見えなかった大きな富士山の姿が...





イメージ 6





富士を見ると薄っすら紅く染まっていました。

それから数分後、頂上から真っ赤に染まっていく富士山。





イメージ 5





いよいよ太陽が姿を現します。

ここからじっくり染まっていく大地を見届けました。





イメージ 2
 EOS R RF50mm F1.2L USM





正直、前日の天気予報が外れていたので、こんな秀麗富士が見れるとは思いませんでしたね。

今回は辛い撮影になりましたが、最後にバッチリ撮れて良かったです。

この後は、最短コースの初狩駅へ向いました。





イメージ 3





今回の物語は、これで終わりです。

この光景を撮るために5年間頑張ってきました。

日頃の早く歩くトレーニングの結果が出てきたので、少し体力面も自身が持てました。

継続は力なりですね。

それにしても、また明け方に強風が止むとは思いませんでした。

こんな奇跡が過去に2、3度もありましたから、山の神様は存在するんでしょうね。

お地蔵様や祠があったら、富士山が見えるように今後も念入りにお祈りをしていこうと思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また時間をみつけて、富士山を撮ろうと思います。



おわり





イメージ 4



富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、5話の続きです。





イメージ 1





13時45分、滝子山山頂に到着。

予定通り6時間で登りきりました。





イメージ 2





頂上は宴のあとでした...

この時間になると誰もいません。





イメージ 3





富士山を見ると雲がかかりイマイチな風景でしたが、時間は沢山あるので心配いりません。

周辺を調べると昔の面影があって懐かしかったな~。

事前に構図は決まっていたので、少し試し撮りをしてイメージを膨らませます。

そして日の入りを待つ事にしました。





イメージ 5





残念ながら富士山から雲が離れず増えていくばかり。

北風も次第に強くなり嫌な予感が...





イメージ 4





その後宴会をしていると、上空の風が一段と強くなり嫌な音が続きます。

寝袋に入り早めの就寝。

夜中に一度天候を確認しましたが、強風が止む様子が全くありません。

そして4時、まだ強風が吹いていました。

これは厳しい撮影になる事を覚悟をしていたのですが、5時になると風が止み天候が好転しました。

昨日の昼間に、白縫神社に3度拝んだ効果があったのでしょうか。

そして5時30分、機材を背負い頂上へ向かいます。

まだ 見みえない富士に 願いを込めて...



つづく。

富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、4話の続きです。





イメージ 1





どれくらい歩いたのだろうか...

この時、小休憩を30分に1度くらいに取っていたので、もう体力の限界が近いような感じがしました。





イメージ 2





水が本当にキレイな滝子山。

土埃で汚れた靴をサッと水で流し先に進みます。





イメージ 3





今まで乾いた山道でしたが、やっと雪が登場。

今回は土埃に悩む山行となりました。





イメージ 4





やっと眼の前に、大谷ヶ丸への分岐が見えました。

ここまで来ると頂上は、もう直ぐだ





イメージ 5





防火帯を歩いていると、次々に下山してくる方とすれ違いました。

それだけ歩くスピードが遅いという事ですね。

富士山は見れたのか気になります...





イメージ 6





本日2度目の、大谷ヶ丸の分岐に到着。

もう直ぐで鎮西ヶ池です。





イメージ 7





やっと鎮西ヶ池に到着。

予想以上に雪が少ないですね。





イメージ 9





それから数分後、念願の稜線に出ました。

頂上まで、あと2分。





イメージ 8





色々難所がありましたが、やっと頂上が見えてきました。

頂上が近くなると、元気が出てくるような気がしますね。

これで富士山が見えれば最高なのですが...



つづく。

富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、3話の続きです。





イメージ 1





分岐で悩みましたが、今回は迂回ルートを選択。

この後、後悔することになります。





イメージ 2





序盤は順調に登っていったのですが、途中で山道が崩落していました。

親切にロープが張ってあったのですが、荷物が重く足場が悪いのでなかなか先に進めませんでしたね。





イメージ 3





かなり苦戦しましたが崩落現場を攻略し、曲り沢峠への分岐に到着。

この時点で体はヘロヘロ...

この時、難路へ進むべきだったと悔やんでいました。





イメージ 4





この先は楽な道でした。

このまま難路への合流地点へ向かいます。





イメージ 5





あっという間に難路と合流。

次回は是非難路コースを歩きたい...

では真っ直ぐ進みます。





イメージ 6





パイプから水が流れています。

近づいて見ると...





イメージ 7





水しぶきが凍り塊が出来ていました。

それだけ寒いって事ですね。





イメージ 8





そうえいば、前回この川を眺めていたら大きな魚が泳いでいたんですよ。

こんな環境でもたくましく育っているのですね。



つづく。

富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、2話の続きです。









イメージ 1










滝子山登山口に到着。

緑色の小さなポストのような物には、カウンターが置かれていましたので1度押してきました。






イメージ 12








これを押す事が密かに楽しみにしていたんですよね~。

さて、ここから本格的な山道になります。









イメージ 2









歩き始めて直ぐに橋が登場。

手すりも付いていて安心して渡れました。

なんか山登りって、少年のようにわくわくするんですよね~。

まだ大人になりきれていないのか









イメージ 3









こんな道だっけ...

何度か登っているのに、この辺りは全く記憶がありませんでした。










イメージ 4










更に進むと道幅が狭い場所がありました。

下を見ると...









イメージ 5









はるか下に沢が見えます。

最終的にあの沢沿いを歩くのですね~。









イメージ 6









ロープが見えますね~。

何故こんな所にあのか。

その先の道が崩落しているから回り込んで歩く感じでした。









イメージ 7








先に進むと、落ち葉の絨毯が登場。

この落ち葉が曲者で、油断すると滑るんですよ。

くるぶし位まで溜まっていたので気を付けて歩きました。










イメージ 9










やっと沢が近くなってきました。

ここから先は、僕のお気に入りの道になります。









イメージ 10








滝子山なので、滝が多いのが特徴的です。

その滝を見たくて今回はこのコースを選びました。









イメージ 11








沢沿いを歩くって気持ちいいですよね~

目で見てもよし、耳で聞いてもよし。









イメージ 8










いよいよ運命を決める分岐に到着。

どちらを選んでも最後に合流するのですが、難路を選ぶか迂回するのか悩むのでした...



つづく。

富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、1話の続きです。











イメージ 1










この駅にくるのは5年ぶり。

朝早いのに、沢山のハイカーの皆さんが下車しました。

やはり滝子山は人気の山なんだな~と改めて思いましたね。

この日は天気も良くて、最高の山登り日和です。










イメージ 2








駅の前には甲州街道があり、それを東へ歩いて行きます。

歩き始めて直ぐに「笹一酒造」が登場。

日本酒が飲みたくなりますぅ~









イメージ 3









歩き始めて20分後、道標が現れました。

ここまで何人かの方に抜かされて行きましたが焦る事はありません。

やはり皆さん歩くのが早いですね...








イメージ 5









僕は田舎育ちなので、畑を見ると何かホッとします。

やはり田舎はイイな~。









イメージ 4









稲村神社を左折します。

前回は、お友達と夢中に喋って真っ直ぐ歩いて迷った記憶が...









イメージ 6








序盤は道標が多くとても親切。

なだらかな坂で準備運動にはいいですね。










イメージ 7









このアスファルトの道ですが、結構長く続きます。

次第に飽きてきました。









イメージ 8









途中でこんな水場のあります。

コップも備え付けられて親切ですね。









イメージ 9









歩き始めて2時間後、やっと道証地蔵に到着。

ここから本番なのですが、いつもより体力が失われた感があります。

前回の楽な石割山の影響がでたのかな



つづく。

富士山好きの皆さん、こんにちは~。

これから富士山好きの物語が始まります。

今回の舞台は、山梨県 大月市の富嶽十二景の一つ、滝子山。



この場所で、いつか紅富士を撮りたい...

そう思ったのが、山登りと富士山に興味を持ち出した三十代半ばの頃です。

あの頃は日帰りで登っていたので、紅富士を撮るなんて夢のまた夢で憧れの山でしたが、近年泊りがけで行くようになり、何時登ればベストなのか考えていました。

地形や太陽の位置を調べてみると1月より、2月の方が山々に光が差し込んでくるみたいです。

順調にデータ集めをしていると、1つ不安材料が...

それは体力の問題です。

計算すると、6時間30kg近い荷物を背負って登らないといけません。

過去にそんな時間を歩いた経験はなく、それが心に引っかかっていました。

そこで考えたのですが、ゆっくり歩き小休憩を多めに取れば良いのではないかと、前向きな考えに変わります。

色々な山から富士を撮りましたが、やっと5年前の再訪を誓った約束を果たす時がきました。



つづく。










イメージ 1






富士山好きの皆さん、こんにちは~。
 
では、最終話です。










イメージ 2










心配された雲は好転して、予想していたより少なく安心しました。

気温を観ると、-12度。

風が無いので、そんなに寒くありません。



前日に構図のイメージが湧かなかったので、まだ暗い早朝から色々と動き回って考えました。

単焦点レンズなので、この辺りは面倒くさい。

数センチ刻みで動き、あーでもないこーでもないと呟いていました。

かなり疲れますが、高画質を得られるのだから仕方がありません。

そして650分を迎えます...










イメージ 3





 




なんとか紅く染まってくれました。

これで満足したわけではありません。

もう一つイメージが湧いたので移動します。

その後は、太陽が雲に隠れ紅みが抑えられた光景が続きました。

それでも理想の光が差し込む事を信じて待ちます。











イメージ 1

 EOS R EF35mm F1.4L II USM









平尾山、大平山が紅く染まるこの光景。

数秒間ですが、山々に紅い光が差し込みイメージ通りに撮れました。

この後は紅みが薄れていくばかり。

粘って待って良かった...









イメージ 4










西側を見ると南アルプスが見えていました。

空気が澄んでとても清々しい気分です。

前日の鬱憤が、この朝焼けで全て吹っ飛びましたね~。

や~本当に富士山が拝めて良かった~。










イメージ 5










今回の物語は、これで終わりです。
 
最初は諦めようと思っていた撮影でしたが、最終的に諦めず登って良かったと思いました。
 
登りやすく富士山が大きく見えるので、人気がある山なのが分かります。
 
この日も沢山のハイカーの皆さんと挨拶を交わしました。
 
 
それと一つ残念だった事があります。
 
頂上付近に大量のゴミが地面に埋まっていました。
 
あれは酷い...

地元の方に報告しておきましたが、何かの対策をしてくれると祈っています。
 
 
それにしても枝が多い石割山。
 
個人的にはイメージが中々湧かず難しい山でした。
 
まだまだ修行が足りないって事ですね。


それと改めて確認しましたが、僕のレンズラインナップが少ないので、先日開発発表されたRFレンズを2本購入したいと考えています。

きっと、恐ろしい価格設定になりそうです...。



長い間、ご覧いただき有難うございました。
 
また時間をみつけて、富士山を撮りに行こうと思います。



おわり

富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、5話の続きです。



こん日がくるとは思わなった...

いつもは、はしゃいで撮っていたのに全く楽しくない。

日の入りの撮影後に宴会をしたのですが、全く酔っ払う気配なし。

それだけ悔しかったのかもしれません。



その間、強風が吹き続けたので諦めて寝ようとした21時。

今まで吹いていた強風が突然止み、頂上付近は無風になりました。

こんな奇跡的な事があるなんて...

僕は撮影準備に取り掛かりました。









イメージ 1









まずはオリオン座。

大好きな星座です。

やっと撮影が楽しくなってきたよ~









イメージ 2









イメージ 3









山中湖の夜景も素晴らしいですね~。

やはり忍野八海方面の灯りが強烈に強いです。









イメージ 4









北側を向けば、お久しぶりの北斗七星。

鉄塔がいいアクセントになったか










イメージ 5








やはりこの時間帯は飛行機が多いですね。

こればかりは仕方がありません。








イメージ 6









最後に、オリオン富士をかろうじて撮ることができました。

やはり24mmが欲しいところですね...



西側を見ると、うっすら雲がかかっていたのが確認できました。

その雲が明け方やってくのでしょうか。

この日の撮影は、これで終了。

祈りながら就寝したのですが、色々考えてしまい眠れませんでした。



そして4時、アラームが鳴り響きます。

寝たのか寝てないのか、頭がもうろうとする状態。

そんな僕でしたが、手にはしっかりカメラを握っていました。



つづく。

富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、4話の続きです。









イメージ 1








石割山への分岐に戻ってきました。

これから最後の登りに入ります。










イメージ 2








先程の坂とは違い少し急になりました。

これぞ山道だw

テンションが上がってきたぞ~










イメージ 3








しばらくするとロープが登場。

よく考えられた張り方です。

地面に着かないように、ピーンと張られていました。

手が汚れなくて良かった~。

この坂は滑りやすく登りにくかったです。

これを逆に下っても結構怖いと思いました。

本当に滑りやすかった...








イメージ 4










やっと終わりが見えてきました。

思った以上にロープが多く、何度か滑って転ぶところでしたよ~。









イメージ 5









12時30分、石割山山頂に到着。

風が強く、休んでいるとどんどん体温が奪われていきます。

頂上は乾燥している影響で、地面の土がサラサラでした。

強風が吹くたび土埃が舞い足元は直ぐに土だらけに。

そんな環境でレンズ交換すれば、センサーが汚れるだろうなぁ...

時間はたっぷり有るので構図を考えていたのですが、風が強いので集中できませんでした。









イメージ 6









夕方には風が弱まる予報でしたので、山の神に祈りつつ日の入りの時間まで待ちますが、その気配は全くありません。

広角で撮ってもカヤトはブレるでしょう。

こんな環境では、レンズ交換は出来るわけがない。

そこで50mmで攻める事にしました。










イメージ 7
 EOS R RF50mm F1.2L USM 










太陽が富士の向こう側へ消えた直後を撮ってみました。

やはり枝が少しうるさい感じがしますね。

この日は思うように撮れなかったのでイライラしてました。

翌朝は曇ってくる予報だったので、この夕日を本命に登って来たのですが無念です...



つづく。

写真(風景・自然)ランキング にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 アクセスランキング

↑このページのトップヘ