富 岳 放 浪 記

追えば逃げ つかんだと思えば消える 蒼く 赤く 変幻自在の富士を捉える撮影の物語

カテゴリ:散歩 > 山形県

皆さん、こんにちは~。(^o^)
今年も大好きな無料観光スポット、済生館へ行ってきました~。


_E5A0255


朝早く行ったのですが、カメラを持った老若男女の皆さんが沢山いました。
地元に愛されている有名な建物なんだな~。


続きを読む

蔵好きの皆さん、こんにちは~ (^O^)
今回は酒田市にある米の蔵、「おしん」で有名な山居倉庫を撮ってきました。


_E5A9675


この倉庫は明治26年に作られたみたいですが、まだ現役みたいです。
駐車場には観光客で賑わっていましたが、ここにも外国人の姿が!
都会に飽きた外国人が癒やしを求めて、この港町へ来たのでしょうね~。


続きを読む

歴史好きの皆さん、こんにちは~ (^<^)
今回はお城のお話です。


_E5A0266


山形城、別名で霞城とか霞ヶ城とも言われています。
僕は霞城公園と言っていますね。
子供の頃に広場とか球場などありましたが、お城の復元の為に無くなってしまいました。


続きを読む

歴史好きの皆さん、こんにちは~ (*^^*)
今年も懲りずに行ってきました~!
大好きな文翔館へ。


_E5A0022


8月下旬になると山形は涼しく、東京とは別世界。
お昼頃まで雨が降ったので、午後から七日町~文翔館へ散歩してきました。


_E5A0020


歩いていると、あるポスターに目が止まります。
「日本一の芋煮会フィスティバル」のポスターでした。
このイベントまだ行った事がないんですよね~。
よくニュースで映像が流れているのを観ていますが、行ってみたいな~と毎年思います。


続きを読む

皆さん、こんにちは~ ('ω')ノ
今年も1年ぶりに山形県へ帰郷してきました。


_E5A0320


蔵王を見ると薄暗く雲が広がり、今にも雨が降るような天気。
勿論、楽しみにしていたお釜は絶望的...
しかし、その他にも隠れた名所的な場所があるので大丈夫!
更に美味しいラーメンが僕を待っていました。
何年かぶりに食べたのですが、あの醤油ラーメン旨かったな~。

いつも思うのですが、ゆっくりするために帰郷するのではなく動き回って疲れに行く、今年もそんな感じになりましたね...
なんかじっとしているのが勿体ないんですよ~。
東京へ帰るギリギリまで写真を撮っていたので、新幹線の中では知らぬ間に居眠り (-_-)zzz
さて、順次アップしていくのでお楽しみに~。

では。

るろうに剣心好きの皆さん、こんにちは~。

知事室にやってきました。









イメージ 1









ここで発見が有りましたw

この部屋は、「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」で使われた部屋でした。

なんとここで撮影していたとは...










イメージ 2










机を見ると随分シンプルな造り。

ここで知事が働いていたのですね~。










イメージ 3










イメージ 4








このカーペットはオリエンタルカーペット製。

オリエンタルカーペットとは、山形県山辺町の絨毯メーカーであり、その技術は世界にも認められている。

新歌舞伎座のメインロビー、バチカン宮殿、皇居新宮殿など世界中の名だたる要人が集まる施設に敷かれている高価な物。

1日で数センチしか作れないみたいです。

それをこの大きさですから、かなり高級な事が分かりますね。

それを踏んじゃいましたが...









イメージ 5











イメージ 6











この壁紙も復刻して作られた物。

オリジナルを見ましたが、色あせた小さな壁紙でした。

復元する方って本当に凄いですよ。












イメージ 7









イメージ 8










壁紙も凄いですが、漆喰飾りも凄い

全然飽きることがありませんね~。









イメージ 9









この後に戦争の歴史資料などを見て一周してきました。

そしてまだ見ていない中庭へ行くことにしました。









イメージ 10










中庭に到着すると、なんとここでも「るろうに剣心」の撮影をしたようでした。

カッコイイだけじゃない、凄いよ文翔館。










イメージ 11










エントランスに戻ってきました。

全てはここから始まったのですね。

時計を見ると東京へ帰る時間が迫っていたので、急いで実家へ戻ることにしました。








イメージ 12







文翔館前の秋雨の道。

3時間ほど見学しましたが、とても時間が足りません。

学生の時は全然見向きもしませんでしたが、今は興味津々。

かなり勿体無い時間の使い方をしていましたね...



ビックリしたのが、この文翔館、第一、二会議室。

第1、2、3、4、5、6、7、8ギャラリー。

議場ホール、中庭。

借りる事ができるんですよ~。

夢のようですね~。

ここで展示をしたら、作品の魅力が倍になると思いました。

この他にも見たいと思うモダンな建物が沢山あるので、来年自転車で駆け巡りたいな~と考えています。

さて東京へ帰る前に、昼食を取る事にしましょうか。



つづく。

モダン好きの皆さん、こんにちは~

それでは、文翔館に入館します。











イメージ 1









正面に現れたのが大きな階段。

紅いカーペット、ステンドガラスが印象的です。










イメージ 2










階段のデザインは、アカンサスの葉などをモチーフにした装飾が施されていました。

手間ひまがかかっていますね~。









イメージ 3








ステンドガラスは月桂樹の葉の輪飾りが見れます。

では、2階から見て行きましょうか。









イメージ 4









まずは正庁です。

現在では講堂にあたるみたいですね。

講堂とは、式典等を行ったり講演や講義などを行ったりする建物もしくは広間のことです。

学校で言えば、体育館みたいな感じでしょうか。







イメージ 5











僕は床に注目しました。

床に目を向けるのは、柄好きか、マニアックな方だと思いますよ。

普通は上を見上げますから。

この部屋を見ると細かい所まで手が込んでる事が分かりますから、ただの部屋ではない特別な部屋だなと分かります。

鈍感な僕でも分かりますね。










イメージ 6










この部屋、何かオーラみたいなのが感じます。

運気が上がるとは違う、洗礼さるような感じが...

椅子も造りの普通じゃない。

近づいてみると...











イメージ 7










金が使われていました。

かなり高価な椅子ですね。

やはり、ただの部屋じゃない









イメージ 8








天井を見上げると大きなシャンデリアがありました。

長時間見ていましたが全然飽きない。

凄い綺麗だな~。









イメージ 9











ベランダを確認してみると、市松模様のデザインの床面。

目の前には、先程の七日町ストリートが見えます。

昭和22年、このベランダから昭和天皇が県民に手を振られたみたいですね。










イメージ 10










イメージ 11










イメージ 12










隣の部屋は貴賓室で、皇族や高官の控室です。

昭和中期以降は副知事室として使われていたみたいですね。

さて、知事室へ向かいます。



つづく。

レトロ好きの皆さん、こんにちは~

実家に帰ると散歩をするのですが、毎回行くのが七日町商店街。

デパートや個人商店、そして市役所などありますが、当時激アツだっのがデパ地下の飲食店。

大沼デパートの地下にたこ焼き屋があるのですが、たこ焼きの中にマヨネーズが入っているのは珍しく、親におねだりして買ってもらいました。

それが名物の「マヨタコ」。

よく口内を火傷をした記憶があります。

また食べに行きたいな~









イメージ 1









文翔館前からの光景です。

右側に見えるのが市役所、その先に大沼デパートが見えます。









イメージ 2









敷地内に入ると庭園にはお花が満開。

文翔館が引き立ちますね~。









イメージ 5










花壇の隣には、旧県会議事堂があります。

この館内も見学しましたが、素晴らしい議場ホールでした。

日によっては、コンサートなどもするみたいですね。











イメージ 3









その隣にいよいよ見えてきた名物の時計台。

いつ見てもカッコイイよな~。










イメージ 4










文翔館正面玄関に到着。

ここからは未知のゾーン。

まだ入館したことがないので期待が膨らみます。



つづく。

レトロな建物好きの皆さん、こんにちは~。

明治時代の最高傑作、旧済生館へ行ってきました。

何度見てもカッコイイ建物です。










イメージ 1










当時この建物は病院で、山形では医学の中心を果たしていました。

そしてこの建物は僕のお婆ちゃんが当時通っていた建物なので、実家に帰ると見たくなる建物の一つ。

霞城公園内に移築されてから、歴史資料館としておなじみの建物です。










イメージ 2










建物の裏から入場できます。

入館料は無料。

意外と人気があって、外国の方もいらっしゃいましたよ。










イメージ 3











入館すると直ぐに日本庭園が現れました。

廊下は庭園を囲み一周することができます。

写真撮影は制限があり、一部のみ撮影が可能。

なので建物中心の撮影になりました。









イメージ 4











階段を上がると2階にも写真が展示してありました。

その場所は撮影禁止の場所。

おとなしく建物を撮ることに。









イメージ 5












階段のデザインも凝っています。

大金をかけて建てたのだろうと思いました。













イメージ 6











2~3階へ行きたかったのですが残念ながら立入禁止。

この螺旋階段凄い気になりますね~。








イメージ 7










最後に見たのが、当時使っていた医療機器の展示コーナー。

色々と説明書きが書かれていました。









イメージ 8











イメージ 9













イメージ 10












イメージ 11










気のせいだと思いますが、ここに来ると運気が上がるような気がします。

昭和の職人が努力と最高の技術で移築した建物ですからね。

何か職人魂がこっちまで伝わってくる感じがしました。

また来年行こうと思います。



つづく。

クラゲ好きの皆さん、こんにちは~

やっと現れたクラゲたち。

見たことのない生物が沢山いました~。











イメージ 1











イメージ 2












イメージ 3












イメージ 4










イメージ 5








こちらのコップのようなクラゲは、なんとキラキラ光っていました~。

こんなの見たことがないよ~。











イメージ 6










イメージ 7












イメージ 8










イメージ 9











イメージ 10











イメージ 13













イメージ 11










最後僕にとどめを刺してくれたのが、加茂水族館の名物「クラゲプラネット」です。

これを見た時、すいよせられるように足が水槽に向かっていました。

これは凄いですよ~

あまりにも大きな水槽で、首が疲れるくらいでした。










イメージ 12











このフロアーには開けた広場があり、皆さん座って休憩していました。

僕は休まず近寄ってガンガン激写

スマホやカメラで撮っている方が沢山いましたね~。

うんうん、あれは撮りたくなるぅ~

あっという間に楽しい時間は終了。

沢山の魚やクラゲが見れて大満足、しかも入館料はたったの1000円

これは再訪決定ですね~。



この後は山形市へ帰ったのですが、帰りは土砂降りの雨。

いや~庄内は曇り空の1日でしたが、帰りまで雨が降らなくて本当にラッキーでした。

そして19時頃、山形市に到着。

お腹が減ったので、ラーメンを食べに行くことにしました。

両親が猛プッシュする謎のラーメン。

汁なしラーメンみたいなのですが、山形では珍しいかも。

モヤモヤしながらお店に到着しました。



つづく。

写真(風景・自然)ランキング にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 アクセスランキング

↑このページのトップヘ