富 岳 放 浪 記

追えば逃げ つかんだと思えば消える 蒼く 赤く 変幻自在の富士を捉える撮影の物語

カテゴリ:山登り > 小金沢山 (雨沢ノ頭)

こんにちは。
 
では4話の続きです。
 
 
 
今回は三脚ないのでピント合わせに時間が掛かります。
 
まず、岩の上にカメラをセットして枝を固定し、小石でバランスを整えピント調整。
 
やる事が沢山あって色々撮れません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時4時50分。
 
そろそろ夜が明けます。
 
風も無く撮影日和です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東の空が明るくなってきました。
 
いよいよですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
EOS 5D Mark III EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM F16 SS0.5 ISO100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
染まってきましたよ~。
 
太陽が山々から顔を出します。
 
何度見ても夜明けの太陽っていいもんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
軽く雲海が出てます。
 
奥には南アルプスが見えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも思うんです。
 
もう少しだけココに居たいな~って。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも下山しなきゃ
 
三脚を探さなきゃ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最初は登るのか帰るのか迷いましたが登って正解でした。
 
この後、来た道と同じ道を歩いて帰りました。
 
昼食は「ペンション すずらん」で、ご褒美の山菜そばのセット!
 
ワンちゃん(ロッタちゃん)がお出迎えしてくれました。
 
あのワンちゃん、座席まで誘導してくれたんです
 
凄いですね~。
 
 
 
その後甲斐大和駅に向かいました。
 
この駅は4月に無人駅になったので、電話して三脚の行方を調べました。
 
なんと、石和温泉で届けられたみたいでした。
 
ココから帰りと逆方向でしたが向かいました。
 
そして、無事に三脚が戻ってきました。
 
この時、何故か運転免許書を持っていたので運が良かったです。
 
身分証明書が無いと返してもらえませんからね。
 
いつもは家に置いていく物でした。
 
26日、家を出る時に何かを感じたんですよ。
 
今回は免許書持って行った方がいいなと。
 
愛着のあるスリックの三脚がお気に入りです。
 
次は何処の山に行こうかな~。
 
 
 
終わり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こんにちは。
 
では、3話の続きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
EOS 5D Mark III EF24mm F1.4L II USM F5.6 SS1200秒 ISO100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長時間露光の1発撮りです。
 
春は夜の時間が短いので無駄に出来ません。
 
何故あの時寝てしまったのか後悔が残りました
 
午前3時。
 
もう1つ試したいレンズがあったので急いでセット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
EOS 5D Mark III EF50mm F1.2L USM F7.1 SS900 ISO100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少し短めの時間にセットしました。
 
この時間になると色が安定しなくなってきました。
 
星も少ない・・・。
 
夜が明ける証拠ですね。
 
もっと50mmで遊びたかった~
 
なので星の撮影は諦めて、100-400mmに切り替えます。
 
 
 
次回は夜明けの富士山です。
 
 
 
つづく。
 
 
 
追記
 
この深夜に、流れ星を生で見て感動しました。
 
因みに、願い事は・・・。
 
口があんぐりで、何もいえね~でした(笑)

こんにちは~。
 
では2話の続きです。
 
 
 
いつも山で寝れない僕でしたが、カイロ無しでグーグー寝てました。
 
以前は熊の事で頭が一杯だったので緊張していたのでしょうね。
 
途中で起きたら、ライトを点けて動物達にアピールしています。
 
 
 
そしてAM1時。
 
外気温4度。
 
そんなに寒くありません。
 
前日、新たに仕掛けておいた天体用自作三脚にカメラをセット(岩&小石製)
 
レンズが曇らないようハクキンカイロにホワイトガソリンを注入し装着。
 
それにしても、前日の100ー400よりピント合わせが厳しいです・・・。
 
ありえない別の位置でピントを合わせているので腰が・・・。
 
殆んど逆さまでピント合わせ~
 
やはり三脚が欲しい
 
やばいよ~やばいよ~(涙)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
EOS 5D Mark III EF24mm F1.4L II USM F2 SS2 ISO6400
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なるほど!ISOを上げるとこう言う事が出来るのね
 
星の色が凄いね~
 
富士山はボヤけていますが・・・。
 
 
 
今まで感度を上げるとノイズが出るので抑えてきましたけど、次回からISO6400でガンガン撮る事にしましょうね。
 
しかしねぇ・・・周辺の星が・・・。
 
コマ収差ですね。
 
 
 
5DsRの高感度を某ブログで見ました。
 
使えるのはISO800まで、頑張ってもISO1600位までかなと。
 
どうしましょうねぇ~。
 
5DMarkⅢどうするぅ!?
 
レリーズ回数は、2万弱なので迷う・・・。
 
ヤフーオークションで売る!?
  
 
 
今頃気が付きましたが、天の川って肉眼でも見れるのですね。
 
意識して見てなかったので勿体無い事をしていました。
 
アレは感動しますね
 
次回は長時間露光一発撮りをお披露目です。
 
 
 
つづく。

こんにちは。
 
では1話の続きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徐々に暗くなってきました。
 
ここにビバークする事にしました。
 
テントを設営後カメラを設置します。
 
慣れると5分位でテントは設営できます。
 
素人でも10分あれば完成かなと。
 
やはり、アライテントは簡単ですね
 
 
 
アライテント50周年記念モデルが出ました。
 
買おうか悩みましたが、色が全体的にピンクなので・・・。
 
きっと女性に人気があると思います。
 
機能性は、現行品と同じです。
 
ただ、色が違うだけですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特製の三脚です。
 
色々考えたのですが、これしか撮影する方法が有りませんでした。
 
太めのY字になっている枝がポイントです。
 
安定するからです。
 
こんなベストな枝を見つける事ができて運がいい
 
山の神に感謝です。
 
傷が着かない様に、枝の先端をタオルで巻いてレンズを支えています。
 
多めに、タオルを持つのが習慣だったので助かりました~
 
若干風が有りましたので枝のブレが気になっていましたが、南西の風を大きな岩が防いでくれたので気になるブレは有りませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
微妙な傾きは小石で調整し真っ直ぐにします。
 
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのデビュー戦なのに、こんな姿で撮る事になるとは・・・。
 
ピント合わせは腰を曲げ、不自然な体制なので至難の技です・・・。
 
腰が痛くなるので短時間で富士にピントを合わせます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM F16 SS 1/8 ISO100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富士が霞んでピント合わせが難しかったです。
 
まだまだ修行が足りませんね~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日が暮れました。
 
さて、ご飯を食べますよ~。
 
今夜も寄せ鍋です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後は、赤ワインとピーナッツで楽しみます。
 
赤ワインは肉に合うと言いますが、白より栄養があると思って持ってきました。
 
このプラティプリザーブを初めて使いましたが、帰りコンパクトに収納出来るので気に入りました。
 
この時、既に20時になりました。
 
イイ感じに酔っ払ったので、月が沈む1時まで眠ります。
 
初めて山で硬い枕(水筒)を使って寝ましたがグッスリ寝れました。
 
 
 
寝る時のの服装。
 
上下ナンガのダウン。(シューズは暑くて脱いでしまった)
フリース。
メリノカットソー、タイツ、帽子。
シュラフ(ナンガ20周年記念モデル)
 
 
 
これで十分です。
 
寒がりな方は貼らないカイロ1つあればOK。
 
この装備で、外気温4度、テント内6度で寝れます。
 
テント内は暑く、起きてる時には入り口全開でした。
 
目安になれば嬉しいです。
 
 
 
つづく。

こんにちは。
 
牛奥ノ雁ヶ腹摺山で昼食後の続きです。
 
小金沢山へ向かいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富士山は未だに雲の中です。
 
時折頭が見えますがね~。
 
では、北に向かって歩きますよ~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ちいい道です。
 
大菩薩方面から登山者がぞくぞく歩いてきます。
 
僕たちは、逆らって向かっている感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やはり、バスで終点の上日川峠まで行くのがメジャーコースでしょうか。
 
大菩薩峠など散策して小金沢山へ歩く。
 
結構、学生さん多かったですよ~。
 
ビックリしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若い人が山に興味を持ってくれると嬉しいですね~。
 
どんどん山登り人口を増やして行きたいです。
 
因みにこのコース、樹林帯の所が道が狭いです。
 
そして倒木が多いので歩きにくいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ頂上に到着です。
 
富士山を探します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その時、この坂を鹿2頭が全力疾走で下って行きました。
 
ビックリしました~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若干、富士山が見えてきました。
 
右側、雲の向こうにうっすら見えます。
 
光の加減で見えにくいのですが・・・。
  
ここで、記念撮影をする事に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
疲れていますね~。
 
荷物が重いし、精神的にも疲れました。
  
それと暑いし、体力消耗が激しいです。
 
小金沢山で撮影したかったのですが、残念ながら三脚が無いと困難な条件でした。
 
無念・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし僕は、ここまで来るのに三脚が無くても、撮影出来る場所&道具を見つける事が出来ました。
 
その場所まで戻ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最終のバスも無くなるこの時間、人の気配はありません。
 
あるのは鹿の気配だけ・・・。
 
 
 
つづく。

写真(風景・自然)ランキング にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 アクセスランキング

↑このページのトップヘ