富 岳 放 浪 記

追えば逃げ つかんだと思えば消える 蒼く 赤く 変幻自在の富士を捉える撮影の物語

カテゴリ:山登り > 牛奥ノ雁ヶ腹摺

こんにちは~。
 
では、2話の続きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あれは黒岳でしょうか。
 
大きな山ですね~。
 
ここから下りますよ~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
素晴らしい眺めです。
 
山に登ると悩み事を忘れてしまいます。
 
だから山に登ろうと思うのです。
 
自然の大きさ、宇宙の大きさに比べたら、僕の悩みなんてちっぽけな悩みです。
 
お金を使いストレス発散もありますが、体を使って見て考えて感じた方が数倍効果的かなと。
 
でも翌日筋肉痛ですぅ~(笑)
 
この時三脚の事は、親切な誰かが拾って届けてくれてるだろう、明日迎えに行くからね!と、前向きな考えに変わっていました。
 
 
 
僕の親が、先日こんな事言ってました。
 
「趣味を持った人の方が生き生きしてる!
 
今の私は節約節約で、ただ死ぬのを待っているだけでドンドン老いていってる。
 
そんな人生は嫌だ!」
 
話し合いの結果、何事も目標を持って生きないとダメになる可能性が大きいかなと。
 
僕は富士山の撮影&山登りが趣味ですからね~。
 
青春時代が戻って来たって感じです(笑)
 
36才ですが、今の方が生き生きしていると思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2、300m位下り、賽の河原に到着です
 
素晴らしい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道標を確認してみると、水場の表示が有りません。
 
いつから無いの?
 
右側を見て見ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
水場らしき物は有りません。
 
沢の音も聞こえません。
 
不安になってきました。
 
仕方がないので進んでみます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何も無い。
 
笹だらけです。
 
踏み跡も薄くまばらです。
 
更に前進し、もう少し下ってみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結構急な坂の下にありました。
 
牛奥ノ雁ヶ腹摺山頂上から20分で水場に到着。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穏やかな流れです。
 
場所によって汲みにくいので最適な場所を探します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回久しぶりの登場、ソーヤーmini!
 
使いやすく気に入っています。
 
3ℓを10分で浄水出来ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さらば賽の河原。
 
ありがと賽の河原。
 
 
 
また、30分掛けて登ります。
 
この登りが結構辛かった~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして12時15分、牛奥ノ雁ヶ腹摺山で昼食。
 
休憩1時間で、だいぶ体力が回復しました。
 
次回は、第二部 小金沢山編です。
 
 
 
終わり。

こんにちは~
 
では、1話の続きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
序盤から急登続きます。
 
体力を温存しながらゆっくり登ります。
 
汗をかかないように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だいぶ登ってきました。
 
まだまだ序盤、頑張って登ります。
 
マンゴーを食べながら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
道は明瞭です。
 
顔を上げて目印を探しながら登ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中でお花を撮影。
 
コケの花です。
 
小さくてカワイイですね~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕の「山と高原地図地図」は2013年版なので新道が無かったりしています。
 
なので、ボールペンで追加させております(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
3、40分位登ると絶景ポイントに到着します。
 
崖の上での撮影です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大菩薩湖が見えます。
 
大きいですね~。
 
富士山は雲の中に隠れて見えませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
崖の場所から少し下ります。
 
せっかく登ったのに~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
開けた場所に出ました。
 
この場所は道が分かりにくいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな感じです。
 
笹がボーボーです。
 
ここまで来ればもう少しで頂上です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペンションすずらんから、約2時間ちょいで牛奥ノ雁ヶ腹摺山の頂上に到着。
 
富士山は雲の中です。
 
ここから、賽の河原へ水汲みに向います
 
ザックを友達に預け、水筒と浄水機のみを持って下ります。
 
この時11時15分、お腹が減ってきました。
 
 
 
つづく。

こんにちは~。
 
序盤バスの中で悩みました。
 
中止にするか続行か・・・
 
 
  
今回の舞台は、山梨県 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 & 小金沢山(雨沢ノ頭) です。
 
2部作に分けて語ります。
 
ではコースをお披露目です。
 
水場に寄り道しようと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この水場が今回の生命線です。 
 
もし発見出来なければ相当苦しみます。
 
人は水がないと生きていけませんからね。
 
寒いなら水の消費が少なく済みますが、暑いので大量に消費するでしょうね。 
 
 
 
JR甲斐大和駅からバスに乗り、すずらん昆虫館前まで下車します。
 
あるブログでバスの座席をゲットする為に、電車を降りたら皆さんダッシュ!と書かれていたので速攻で改札に向かいました。
 
僕の頭の中は、バスまでダッシュ!の事ばかり。
 
そのお陰で1番前に座れました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
天目山温泉前に差し掛かった時に頭が真っ白になりました。
 
電車に三脚を置き忘れました・・・
 
バスは走り続けます。
 
すずらん昆虫館前に到着。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手持ちで撮るか、ここで帰るか決断しなければなりません。
 
せっかく新しいレンズを買ったばかりでデビュー戦がこんなんじゃ~
 
涙を拭い気持ちを切換て続行を決断!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
相棒を失った私。
 
三脚に申し訳なく思い色々考えました。
 
今まで共に過ごしてきた山登り。
 
思い出がプレイバック。
 
悔やんでしまいます。
 
バカ バカ バカ~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この道は、去年出来たばかりの新道。
 
この道のお陰でかなりの時間が短縮されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく歩くと開けた所に出ます。
 
この柵は鹿よけの物でしょうか。
 
この辺りは道が狭いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな道標がありました。
 
なんの変哲もない物ですが、✖が書かれています。
 
なんのこっちゃと思い直進します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
100m位歩くと、目印を発見!
 
しかし、その目印は左にそれています(汗)
 
まさか、さっきの✖はこの事だったのか?
 
案の定、左にそれると行き止まりです。
 
舗装された方を直進です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道標のお陰で迷わなくて済みました。
 
さっきの場所から数十mで舗装道路がしばらく終わります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回水は2ℓのみ持ってきました。
 
途中の水場で3ℓ確保するからです。
 
いつもの荷物より、水3ℓ&三脚2kgが無いから5kgも軽い!
 
そのお陰で体が軽くドンドン登れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三脚の行方が気になる所ですが、開き直るしかありませんね。
 
どうやって撮るか、そればかり考えていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで新道は終わり。
 
ここから本番です。
 
 
 
つづく。

写真(風景・自然)ランキング にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 アクセスランキング

↑このページのトップヘ