富 岳 放 浪 記

追えば逃げ つかんだと思えば消える 蒼く 赤く 変幻自在の富士を捉える撮影の物語

カテゴリ:山登り > 新道峠

こんにちは。    ジンです。
 
 
 
 
 
 
では、6話の続きです。
 
ヘッドライトなしで第一展望台へ向かいます。
 
休憩なしで急な坂を登ります。
 
 
 
 
第一展望台には誰一人いませんでした。
 
なので、昨日の兄さんに教えて頂いた特等席でスタンバイ!
 
更に運がイイ事に先ほど吹いていた強風が弱くなってきました。
 
そして、試し撮りを。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
EOS 5D Mark III    EF24-70mm F2.8L II USM  F16 SS0.8 ISO200
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イイ感じですが、雲が無いと物足りないですね。
 
あと、5分位で夜が明けてきます。
 
構図を考えピントを合わせ富士が赤くなるのを待ちます。
 
そしていよいよ染まります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 EOS 5D Mark III    EF24-70mm F2.8L II USM  F16 SS0.3 ISO100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
待ってました~!!
 
レリーズをガンガン押します。
 
昨日、不発で終わった夕焼けのうっぷんを晴らすかのように。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 EOS 5D Mark III    EF24-70mm F2.8L II USM  F16 SS1/5 ISO100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この後、親子2人が登ってきたので場所を譲ってあげました。
 
親子で写真が趣味って羨ましいですね。
 
テン場に帰るついでに寄り道をして撮影。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
EOS 5D Mark III    EF24-70mm F2.8L II USM  F16 SS1/20 ISO100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これで完全燃焼。
 
撮りきった感じがしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テン場に戻ったらお腹がすいたのでアンパンとコーヒーを食します。
 
しかし、3ℓの水は凍ってしまい蓋を開けるのに時間がかかりました(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なかなか体が暖まらないので、日本酒で体を温めました。
 
今までアルコールは持ってこなかったのですが、次回から定番になりそうです。
 
 
 
テントを片付けていると、周りにタバコの吸殻が大量に散乱していました(汗)
 
これは妖怪の仕業? いや、昨夜の若者3人組の仕業ですね。
 
悪気もなく、平然と吸殻をポイ捨てしていきました。
 
酷すぎる・・・。
 
山に申し訳ないので吸殻は回収しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
帰りは楽です。
 
2時間位で降れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうすぐバス停です。
 
この時12時。
 
遅いです。
 
もっと撤収時間を短くしないとね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バス停には中国人の団体客が一杯!
 
すし詰めになって帰る事になりました(涙)
 
勿論、帰りのチケットを見せてバスは無料。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本当にあの峠から歩いてきたのですね。
 
もっと体力を付けて北岳へ行きたいです。
 
今度は平日に来よう。
 
 
 
今年も よろしくお願いします。 
 
 
 
 
 
 
おわり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11

こんにちは。   ジンです。
 
 
 
 
 
それでは、4話の続きです。
 
テン場から約2分、第二展望台に到着。
 
さっきより飛行機が少なく良い感じです。
 
試し撮りです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
EOS 5D Mark III    EF24mm F1.4L II USM  F2  SS6  ISO800
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
星の数が半端なく多いです!
 
早速インターバルタイマーをセットしましたが、この時間も飛行機が飛んでいたり、不覚にも自分のヘッドライトの灯りがカメラの前に当たってしまい、実質5分程度しかつながっていませんでした(涙)
 
その写真がこちらです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
EOS 5D Mark III    EF24mm F1.4L II USM  F2  SS8 30枚程度合成  ISO800
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
縦の線は流れ星でしょうか??
 
イマイチ分かりません(汗)
 
軌跡を撮る時には、もう少し絞ってSSをもう少し長くした方が良いかもしれません。
 
そうないと、インターバル1秒あるので、流れ星がつながらなので。
 
まだまだ勉強しないといけませんね。
 
撮影の前にセットておいた携帯のタイマーが鳴らなかったので確認してみると・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
充電マークが・・・(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さっきまで、50%位電池があったのにね。
 
寒さで、使用不能になってしまいました(汗)
 
恐るべし-13度。
 
 
 
5時30分、そろそろ夜が明けます。
 
レンズを取り替えに1度テン場へ帰ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
EOS 5D Mark III    EF24mm F1.4L II USM  F2  SS5  ISO800
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜明けまで、まだ時間があるので、おじやを食べる事にしました。
 
体も温まり体力回復!
 
今回は、結露もなく快適なテント泊でした。
 
それだけテント内も寒かったのしょう。
 
しかし、思っていた以上に暖かったです。
 
風を逃れるだけでも全然違います。
 
この時のテント内の温度は-10度。
 
外を見てみると既に明るいではないか~!!
 
もう6時30分。
 
休みすぎてしまいました(汗)
 
ダッシュで第一展望台へ向かいます。
 
 
 
 
 
 
つづく。

こんにちは。    ジンです。
 
 
 
 
 
 
 
では、4話の続きです。
 
思わぬタイムロスをしてしまいました。
 
急に登ったせいでしょうか膝を痛めてしまいました・・・(涙)
 
そして第一展望台に到着。
 
 
 
富士の赤みは消えかかっていました。
 
しかし、最後まで諦めません。
 
急いで撮影の準備です。
 
落ち着いてピントを合わせ撮った写真です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
EOS 5D Mark III    EF24-70mm F2.8L II USM  F16 SS25 ISO200
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さっきまで無かった、街の灯りが増えてきました。
 
兄さんは、この風景を見ずに撤収。
 
残り物には福が待っていました(笑)
 
 
 
この後、キリがないので僕も撤収。
 
テン場に向かう途中、西側の空は半端なく真っ赤に染まっていました。
 
そこから晩飯の支度を~。
 
 
 
この日の晩飯は寄せ鍋。
 
鶏肉を冷凍してきましたが、まだカチカチに凍っていました(汗)
 
しかも、保冷剤のペットボトルもカチカチ。
 
保冷剤なしでも良かったのか?
 
 
 
この時の気温-7度、外で調理です。
 
土は勿論凍り、こぼした水は一瞬で凍ります。
 
なので、水は下手にこぼせません。
 
なかなか沸騰しないので、鍋の蓋の上にタオルをかけました。
 
保温性、風よけの為に。
 
その影響で、タオルは少し焦げました(笑)
 
 
 
調理後、テントの中で食べて体が温まりました。
 
今回は、よく眠れるように日本酒を持参。
 
熱燗にしようと大きな鍋で温めました。
 
そこまでは良かったのですが飲む時・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ごふぉっ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
むせました(笑)
 
もう1度飲もうとします。
 
またむせます。
 
飲めない・・・(汗)
 
アルコールの匂いが飲む前に吸い込むのでむせる。
 
なら、鼻に香りが来ないように小さいコップで飲めばよいではないか!
 
その時心から、おちょこが欲しいと願いました。
 
 
 
無事に全て飲んで文化放送を聞いてると、韓国語と日本語が混ざって聞こえるようになりました(汗)
 
最初はそう言う番組なのかと思ったのですがそんな訳ない。
 
韓国の電波、日本の電波、Wで受信してるみたいだ。
 
TBSラジオに切り替えて21時に就寝。
 
日本酒のお陰で初めて山で眠る事が出来ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして23時・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来客が登場。
 
チャラい感じの若者3人組なので嫌な予感。
 
彼らは第一、第二展望台の存在に気づいていないようでした。
 
それもそのはずだ、ここが展望台と思っていたのである。
 
挙句の果てには、ここ何県?と言ってる・・・。
 
あまりにも会話が酷過ぎて絶句。( ̄◇ ̄;)
 
早く居なくなります様にと祈りましたが、悪い予感は的中しテントの周りで1時間も騒いでいました・・・(>_<)
 
やっと悪魔が去り平和がおとずれ、また寝ようとしましたが寝れません。
 
なので第二展望台へ撮影に向かいましたが、飛行機がガンガン飛んでいたので改めて出直す事に。
 
 
 
そして3時に起床。
 
この時の気温-13度。
 
空を見ると、オリオン座が僕を迎えてくれました。
 
 
 
 
 
つづく。

明けましておめでとう御座います。   ジンです。
 
 
 
 
 
 
では3話の続きです。
 
第二展望台へは直ぐに到着しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから少し下がると展望台があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
意外と広い展望台。
 
沢山の人が集まれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
素晴らしい景色です。
 
枝がチョットうるさいけど。
 
ここから10分位上げると第一展望台があるので行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結構キツイ登り坂です。
 
道が凍り滑りアイスバーンの所も有りました。
 
風も強く寒いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
やっと第一展望台に到着。
 
カメラが設置されていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから少し下がります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの方が狭いです。
 
人数が制限されるます。
 
と、その時、後ろから兄さんの声が!
 
話を聞くと、途中まで車で来て途中30分位歩いてきたみたいです。
 
その兄さんに色々と聞きました。
 
 
 
展望台はここだけではない。
 
よく見ると、色々な所に道が有りました。
 
そこから皆さん撮るみたい。
 
なので、第二展望台より色々な表情の富士山が撮れます。
 
週末は、溢れる位の人だかりで場所取りが大変みたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頂上付近にテントを張ろうと思いましたが、急な坂で張れませんでした。
 
なので、先ほどの広場まで下がる事に。
 
どんどん日が暮れてテントを張った時には、夕焼けの1番いい時間帯でした(汗)
 
10分でテントを張り、ダッシュで第一展望台へ向かいます。
 
 
 
 
 
つづく。

こんにちは。    ジンです。
 
 
 
 
 
 
 
では、2話の続きです。
 
やっと、山登りらしい道にたどり着きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最初は道を外れても問題ないのですが、中盤以降急なジグザグの上りの時は外れる事は許されません。
 
道幅はやや狭くアイスバーンの時にはアイゼンがないと滑落の可能性が高いです。
 
短調な道ですが、油断するとしっぺ返しがくるような道です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大きな霜柱を発見しました。
 
この辺りは霜柱が多く、気温の低さが物語っています。
 
勿論、中沢林道を林道に入ってから息は白く寒いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中で富士山も見る事もできるし、飽きないでしょう。
 
目印も多く、迷う事は無いかなと思います。
 
後半の上りがきつかったですね。
 
地味なジグザグな上り。
 
その坂を約40分位かかりました。
 
日帰りで登る方は、もっと早く登れると思います。
 
荷物が軽いので。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頂上が見えてきました。
 
大石公園から3時間(休憩時間含まない)意外と楽に登れました。
 
その時!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぴゅ~~~~!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頂上では北風が吹き荒れていました(汗)
 
天気予報は当たっていました。
 
僕は、南から登っていたので山が壁になってくれたみたいでした。
 
これから、寒さとの戦いが始まります。
 
風が体温を奪います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
間違いない!ここが新道峠だと確認。
 
登りやすい道なので最高に楽でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カメラスタンドが有りました。
 
流石、人気スポットです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここでは枝が多く撮影向きではないかなと。
 
この場所から2分位の所にある第二展望台に向かう事にしました。
 
もうすぐ日が暮れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つづく。
 
 

こんにちは。   ジンです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1話の続きです。
 
外国人の方が沢山の大石公園。
 
寒かったので、タリーズコーヒーのブラックを飲みました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正面の山が新道峠。
 
あそこまで歩けるの?
 
いつも同じ事を考えてしまいます。
 
でも歩いていけるんです。
 
人間の足って素晴らしいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここのY字路を右へ。
 
天気予報では、最高気温2度や強風の予報でしたが、風もなく快適。
 
変だな・・・。
 
日が当たってるからまだマシなのか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
ここで、お爺さんに声をかけられました。
 
 
 
爺 お兄さん何処に行くの~?
 
ジ 新道峠です。
 
爺 え~~~~! 普通ここは下る道だよ! みんな黒岳から新道峠へ行くのが多いんだよ。 楽だから(笑)
 
ジ そうなの!? 
 
爺 日帰りでしょ?
 
ジ テント泊です。
 
爺 え!? 今日の夜、ここら辺で-8度だよ!山の上は-10度だよ!!
 
ジ そうですね・・・(汗)
 
爺 無理しないようにね~。
 
 
 
この話しで、10分位経過。
 
でも、今はそんなに寒くないよ。
 
本当に寒くなるの?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
別荘の所に到着しました。
 
地図があったので見てみると、近道が出来る!?
 
しかし、いざ歩いてみるとそんな道はない。
 
それらしき道はあったが、荒れていて登れない・・・(汗)
 
実質、体力の無駄使いで終わりました。
 
ここで、2、30分の無駄が・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
別荘地帯を脱出し、民家が無くなってきました。
 
そろそろお昼の時間です。
 
いつ御飯を食べるか?様子をみていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川が現れたのでここで昼食を取ることに。
 
浄水機が活躍してくれました。
 
氷水のように冷たい水を何度も浄水しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
冷たい水から沸騰させたので時間がかかりましたが、カルボナーラを作りました。
 
ここで、大量のガソリンを消費。
 
今夜の為に節約しないと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
約1時間休んで元気100倍!
 
飲み水も補充し準備万端。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつも持ち上げるのが一苦労な荷物です。
 
ブルーのドライサックは40リッターの大きさですが少し小さい。
 
しかし、これ以上大きくするとバランスが悪くなるので、あとはパッキング次第でなんとかなるかなと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから本格的な山道に入ります。
 
ここまで2時間弱。(休憩を除く)
 
あっとゆーまでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここまで、雪も無く風もなくて心地よいのですが、流石に寒くなってきました。
 
フリースを着込んで登って行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから本番ですよ。
 
日暮れまで登れるのか?
 
 
 
 
 
 
つづく。

こんにちは。   ジンです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の舞台は新道峠。
 
頂上へ車で行けるので人気スポットみたいです。
 
今回使用した切符がお得は、JRから販売されている「富士山フリー乗車券」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中央線+富士急行線+周遊バスが2日間使えます。
 
しかも、富士急行線+周遊バスが乗り放題。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、出発当日は販売出来ないとの事。
 
出発前日までの販売みたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は、この河口湖駅から周遊バスを使い、河口湖自然生活館へ向かいます。
 
乗客は外国人が殆んど。
 
美人運転手は英語ペラペラ。
 
カッコよかった~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30分間のバスの旅。
 
もう9時30分過ぎています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回はこのルートで登っていきます。
 
約3時間の山登りが始まります。
 
果たして、この寒さに耐えられるのか?
 
この日は、特別寒い日でした。
 
日中、河口湖の最高気温2度・・・(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つづく

写真(風景・自然)ランキング にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 アクセスランキング

↑このページのトップヘ