富 岳 放 浪 記

追えば逃げ つかんだと思えば消える 蒼く 赤く 変幻自在の富士を捉える撮影の物語

カテゴリ:山登り > 高川山

こんにちは。 久しぶりに山登りをしてきました。
 
1月は天候不良で断念。
 
そして2月も・・・。
 
しかし、天気予報を見てみると2時間位晴れる予報が出たので、日帰りで登ってきました。
 
本当はテント泊したかったのですが、地面がぐちゃぐちゃの予感がしたので断念。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初狩駅に6時に到着。
 
誰もいません。
 
体感温度も思ったより寒くなかったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この初狩駅は、高川山、滝子山に登れる駅なのです。
 
なので、最後まで悩んでいました。
 
滝子山を見てみると、頂上に雲がかかっているので断念。
 
これで高川山に集中できました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
足場は悪くぐちゃぐちゃ。
 
先日まで雪が積もっていたみたいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつの間にかロープが設置されていました。
 
これでストック無しでも登りやすいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回はゆっくり登ったので疲れません。
 
荷物はいつもの半分の量なので、その影響が大きいと思われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地面をよく見ると穴だらけでした。
 
アイゼンの穴ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次第にガスがかかってきました。
 
そして雨も降ってきました。
 
不安が過ぎります。
 
そして頂上へ。
 
奇跡は起きるのか!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
起きなかった~(汗)
 
雨は雪に変わり、気温は3度。
 
その時、初狩駅方面からお兄さんが登ってきました。
 
その服装を見てみると、ワイシャツで登ってきたみたい。
 
今から会社へ出勤ですか?と言う格好です(汗)
 
挨拶したのですが、愛想が悪く直ぐに大月駅方面へ去ってしまいました・・・。
 
あれは夢だったのか?
 
このまま帰るのも寂しいので食事をする事に!
 
メニューは、具が少量のカレーです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アツアツのカレーに冷たい御飯を投入!
 
弱火で煮込みながら食べました。
 
この方法なら冷たい御飯もアツアツです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回もS71を連れてきました。
 
また親猿に威嚇されないように(笑)
 
ず~と文化放送を大音量で聴いていました。
 
すると銀色の影がチラホラ見えるんです。
 
しかし、そこには何もなし。
 
ビッキーがいたのか!?
 
しまいには、虹のような物も見えたし・・・。
 
不思議な体験でした。
 
 
 
 
 
久しぶりに山へ登りましたが楽しいですね。
 
富士山は見れなかったけど、これも有りかなと。
 
また楽しみが増えました。
 
 
 
 
今回天気が悪い事は分かっていたのですが、もしかしたら凄い1枚が撮れるかも!?
 
そんな感じで毎回登っています。
 
次はテント泊ですね。
 
大蔵高丸、雁ヶ腹摺山、姥子山、鷹ノ巣山・・・悩みます。
 
 
 
では。

テント泊の準備をしているジンです。
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
これは、15時から18時までの出来事である・・・。
 
 
 
 
 
 
無事に目的地の高川山頂上に到着。
 
誰もいません。
 
貸切です。
 
まだ、明るいので、今後の星空撮影の時にどこがベストな場所なのかを散策してみました。
 
24mm f1.4の明るいレンズを使おうと思っています。
 
星の軌跡を撮るって難しいと聞きます。
 
テクニックもいりますが、あと運も必要かと・・・。
 
天気ばかりは、どうにもなりませんからね。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
徐々に、暗くなってきました。
 
さっきまで雲が無かったのに現れ始めました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
そろそろ18時。
 
もう終わりの時間です。
 
電車の時間もあるので撤収の準備に入ります。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
ここの夜景がとてもキレイでした。
 
写真を撮りたかったのですが、次回のお楽しみに取っておきました。
 
生で見ると凄かった~。
 
 
 
 
 
 
問題は帰り道です。
 
初の真っ暗な道を下ります。
 
本当に真っ暗でした。
 
ヘッドライトを何度か消しましたが、何も見えません・・・。
 
ヘッドライトはお忘れなく。
 
 
 
 
 
 
では。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 

むさしの山荘にハマっているジンです。
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
前回、大量の雪で苦戦しましたが、今回は楽に行けました。
 
初めて昼から登るので暑いです。
 
この時の気温が20度以上!
 
予想以上に暑いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
ここまで、20分位で到着。
 
雪が無いと楽ですね。
 
前回は、ここまで4、50分掛かりましたから・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
ここも、雪が無い!
 
ありがたいです。
 
アイゼンの出番なし!
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
このネットが全て雪で埋まっていたのね・・・・(汗)
 
恐ろしい~。
 
よく溶けてくれました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
今回は、女坂から登る事に!
 
帰りの下見も兼ねて。
 
初めて、この女坂を登りましたが、予想以上に長いっす。
 
いつもこの道は、下ってばかりなので、全く別な道みたいでした。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
多少雪が残っていましたが、全く問題ありません。
 
徐々に太陽が沈み始めます。
 
90分かけて頂上に到着!
 
 
 
 
 
 
では。

新たな山の道具を新調しているジンです。
 
 
 
 
 
 
今回は、夕日を見ようと思い遅めの出発です。
 
 
なので、ランタン、ヘッドライトが必需品。
 
初の暗闇の山に挑みます。
 
 
 
 
 
 
これは、3月24日13時頃の起きた出来事である・・・。
 
 
 
 
 
 
この日は熱いでした。
 
前回の大雪はどうなった??
 
今も残っているのか?
 
不安で一杯でのスタートです。
 
 
 
 
 
 
では。

税金もポイントが付く事を知ったジンです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは、2月25日 午前8時~午前11時に起きた出来事である・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頂上に着いてガッカリ。
 
霞んでいました。
 
そりゃ~もう8時。
 
熱いです。
 
気温4度。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富士山は諦めて、他の山をと撮ったのが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
滝子山です。
 
よくあんな所まで登ったな~と関心します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビッキーが雪に埋もれていました。
 
ここに来るのに色々なルートがありますが、まだ初狩駅からのルートしか開通していませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから他のルート(大月駅方面)を行こうとした方がいるみたいですが、あまりの雪の深さに断念したみたいです。
 
僕も、途中まで行きましたが片足がスッポリ入って進む事は不可能でした。
 
ストックを使い測ってみると、推定積雪1m40Cm??
 
今回は、これでおしまい。
 
潔くラーメンとデザートを食べて帰りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
帰りも1時間40分位かかります。
 
本日は、歩きをメインに楽しめました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここでアイゼンを外して駅に向かいます。
 
ここから10分位で駅です。
 
帰りは新品の靴が柔らかくなって歩きやすかったです。
 
イイね! シリオ611!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8

先日の山登りで花粉症が酷くなったジンです。
 
 
 
 
 
これは、2月25日 午前7時~午前8時に起きた出来事である・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無事に登山口に到着。
 
この写真を撮った時、片足殆んどが雪の中にハマってしまいました・・・(汗)
 
ここから辛い登りの始まりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつものオレンジのネットがある場所に到着。
 
一部、ネットが見えています。
 
アレも、結構大きいですよ!
 
その上を歩く事になるとは・・・。
 
推定積雪ここで1m位か!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
分岐点に到着。
 
女坂は誰も歩いていないみたいですね。
 
男坂のみ。
 
急な坂に、枝が進行を阻みます。
 
この道、最初に作ってくれた方に感謝です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここまでの積雪だと、アイゼンなしでは登れないです。
 
氷の壁を登っている感じです。
 
それだけ急な道です。
 
むさしの山荘でアイゼン買わなかったら、登山口まで到達できなかったかもしれませんね。
 
倍くらいの時間が掛かりましたが、この後無事に頂上に到着します。
 
 
 
 
 
 
つづく。

そろそろ春が近いですね! ジンです。
 
 
 
 
 
 
先日の大雪で2月の山登りは諦めて、3月に延期しようかと考えていました。
 
本当なら清八山に行こうかと思っていました。
 
しかし、新しいブーツを慣らさないといけなかったので手軽に?行ける山を模索していました。
 
そこで高川山をチョイス!
 
 
 
今回は新アイゼンを導入し、滑落の危険性が減りました。
 
今まで、ノーアイゼンでした。
 
それも試し試したかったので楽しみ~。
 
サクッと登って帰ってくるぞ~~~!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは、2月25日 午前6時~午前7時に起きた出来事である・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜明け前の初狩駅。
 
大月駅の時には真っ暗でしたが、ほんの数分で明るくなってきました。
 
ヘッドライトを使用する事なく登れそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貨物用?の線路上には雪が・・・。
 
ま、大丈夫でしょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日は暖かく震える事はありません。
 
気合を入れて進みます。
 
しかし、その気合が5分で撃沈・・・(涙)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
序盤から積雪30Cm以上。
 
しかも目線が高く、いつもの感じとは全く違う場所みたいでした。
 
この時点でアイゼンを装着。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
凸凹して歩きにくい道です。
 
登山口まで到着出来るのか?
 
不安だけがよぎります・・・。
 
 
 
 
 
つづく。
 
 
 

大浮世絵展でグッズを大量購入したジンです。
 
 
 
 
2013年、高川山ラストチャレンジを試みる。
 
これで、ダメならまた来年。
 
ピンクを求めて大寒波襲来の山へ・・・。
 
 
 
 
 
 
これは、12月28日 午前6時~午前9時に起きた出来事である・・・。
 
 
 
 
 
 
朝6時、初狩駅-6度。
 
結構寒いです。
 
しかし、先日より少し明るい!?
 
前回は、真っ暗でしたが空は薄ら明るかったのでダッシュ!
 
 
 
 
紹介していませんが、ブラス1のクマよけの鈴。
 
手作りです。
 
僕は、カノンと言うモデルを買いました。
 
この心地よい音色が素晴らしい!!
 
昔、NHKで紹介されたみたいでした。
 
職人さんと話しましたが、本当に鈴が大好き(笑)
 
鉄の話しで30分語りました~。
 
 
 
 
心地よい音色を響かせ、暗い山道を歩きます。
 
前回は65分で登れましたが、今回は60分で到着。
 
コレが、限界みたい・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その時の富士がコレ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
強風で雪が舞っています。
 
肉眼でも舞っているのが見れます。
 
あんな富士山に登っていたら死んじゃいますね(汗)
 
何メートル舞い上げっているのか・・・。
 
自然の力って凄いですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この日のお客様、オジさんが1人、お姉さんが1人。
 
山好きの方は、寒くても登るのですね。
 
寒すぎて、ライターの火が点かず焦りました・・・(汗)
 
温度計を見たら-10度。
 
寒いです。
 
 
 
今月も山に登りますよ~!
 
 
 
では。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3

明日、両国で開かれる大浮世絵展に行く予定のジンです。
 
 
 
 
 
 
今年の2013年の目標は、ピンクの富士山を撮る事。
 
なので、日の出に頂上に着かないと間に合わないません。
 
ネットで調べたら、6時54分頃に夜が明ける。
 
そして、新たな挑戦が始まります。
 
 
 
 
 
 
これは、12月25日 午前6時~午前9時に起きた出来事である・・・。
 
 
 
 
 
 
早朝6時、初狩駅に到着。
 
真っ暗である。
 
ヘッドライトを付けて、薄着で登る。
 
この時、-4度。
 
息は白く、寒いです。
 
しかし、10分程歩くと体が熱く上着を更に脱ぎます。
 
この時に思いました。
 
こんなに寒くても直ぐ暑くなる。
 
なら、分厚いカットソーではなく、薄い物の方がイイなと・・・。
 
しかも、生地が厚いと乾かないし冷える。(風邪をひく)
 
しかし、薄い生地は直ぐ乾く。(快適)
 
今頃気がついたジン。
 
また成長しました(笑)
 
 
 
 
 
 
標高800mになると、雪が現れ始めます。
 
そして、夜があけ始めます。
 
後ろを見ると、滝子山がピンク色に染まっています。
 
少し遅かった・・・。
 
あと頂上まで10分・・・。
 
急いで登ります。
 
そして登り始めて60分後無事に到着。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギリギリ間に合いました!
 
でも、ピークは過ぎ徐々に薄らいでいきます。
 
この日、風もなく雲一つ無い日でした。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
あと10分早く登れていれば・・・。
 
これが自分の限界なのか??
 
もっと早く登れていたのでは?
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
これで、また登るきっかけが出来ました。
 
この数日後、2013年ラスト!登ります。
 
大寒波が押し寄せて来るのも知らずに・・・。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
では。

切手の博物館面白いですね。 ジンです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回、富士山を完全体で見れなかったジン。
 
その悔しさが今回の撮影に倍返しされる?
 
11月、2回目のチャレンジです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは、11月27日(水)午前6時~午前10時に起きた出来事である・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天気予報では、9時までは曇。
 
その後は晴れるみたい。
 
そうなる事やら・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6時に初狩駅に到着。
 
まだ暗いです。
 
ヘッドライトを使用しました。
 
暗く寂しい山道。
 
鈴をガンガン鳴らしながら登ります。
 
しばらくすると夜が明け明るくなり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ライトオ~フ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、まだ暗い。
 
太陽が雲に隠れているから??
 
嫌な予感が過ぎります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
70分後頂上へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その映像がこちらです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あっ、見えた!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回の不発を払拭してくれました。
 
猿が寄ってこないように鈴を鳴らしながら撮影を続けます。
 
徐々に雲が取れて明るくなってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その狭間です。
 
この後異変が!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
飛行機雲!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一瞬でした。
 
寒くてピントを合わせに時間かかりました(汗)
 
大満足の2戦目。
 
今後も励みなる撮影会でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4

写真(風景・自然)ランキング にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 アクセスランキング

↑このページのトップヘ