富 岳 放 浪 記

追えば逃げ つかんだと思えば消える 蒼く 赤く 変幻自在の富士を捉える撮影の物語

カテゴリ:山登り > 清八山

トリミングを好まないジンです。
 
 
 
これは、3月26日(火)午前9時~午前10時に起きた出来事である・・・。
 
 
 
頂上に到着したジン。
 
本日も貸切です(笑)
 
頂上は、こんな感じです。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
やや狭いです。
 
早速、撮影開始。
 
 
 
イメージ 6
 
 
たまたま、富士山の上に飛行機雲が!
 
分かりますか?
 
偶然の出来事です。
 
 
イメージ 3
 
 
 
山脈が霞んで見えます。
 
冬に来たかった~。
 
アレが南アルプスだったか?
 
ここでは、枝が邪魔していたので、枝を引っ張って撮影していました。
 
 
イメージ 4
 
 
 
素晴らしい富士山。
 
いい眺めです。
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
撮影に夢中になると時間が早く感じます。
 
この清八山は、富士山を撮るのにはイイ場所ですね!
 
また来ます。  秋ぐらいに。
 
あっとゆーまの1時間。
 
 
 
名残惜しいですが下山開始(涙)
 
今日も、ありがとう。
 
 
 
では。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
終わるのは、まだ早い!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これで、帰っても良かったのですが、近くに有名な穴場スポット?があるので、この後向かう事にしました。
 
その後、更に過酷な試練が待ち受けていました・・・。
 
〇〇〇丸?にて、肉体的に殺られる?
 
両膝の皿が2枚完全崩壊(涙)
 
過去最高の負傷? 
 
何があった??
 
落ちた?
 
・・・。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
つづく。

テント泊に憧れるジンです。
 
 
 
これは、3月26日(火)午前6時~午前9時に起きた出来事である・・・。
 
 
 
笹子駅を出発したジンです。
 
目の前に見えるのは、国道20号。 甲州街道です。
 
 
 
イメージ 1
 
 
狭い道です。
 
ダンプがガンガン通過します。
 
風が半端ないです。
 
橋を2つほど通過して、ガソリンスタンドの手前を左折。
 
神社を回り込むように裏の方へ。
 
ここは、まだ登山口ではありません。
 
 
 
最初に、お出迎えのトンネル。
 
これを通るの?
 
不安でしたが行くしかない!
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
真っ暗で、遠近感が全く無し(汗)
 
本当に進んでいるのか分かりませんでした。
 
不思議な感覚でしたね。
 
 
 
しばらく歩くと、頻繁に車が通過します。
 
何故なんだ?
 
何を作ってる?
 
現場を見て見ると、車が通るのより小さなトンネル?
 
後で気が付きましたが、この辺りはリニアモーターカーのトンネルを作っているみたです。
 
きっと、それかなと・・・。
 
 
 
変電所を通過すると、やっと舗装された道が終わります。
 
ここまで、1時間位歩きました。
 
 
 
イメージ 3
 
 
そして、お客様が登場!
 
また、鳥かな?
 
よく見て見ると・・・。
 
耳?、しっぽ??。
 
 
 
リスじゃん!!
 
 
 
しかもデカイ!
 
20Cm位ありました。
 
鳥以外の動物に会うのは初めてです。
 
 
 
リスを見て元気が出ました!
 
しかし、その後困る事に・・・。
 
道が2つに分かれています。
 
標識もあります。
 
しかし標識の角度が微妙で、どっちか解らず(暴)
 
地図を見ても、そんな道ない(汗)
 
そこで、10分悩みました。
 
野生の感で曲がっている左の方へ・・・。
 
しばらく、歩くと標識が!!
 
当たりでした(笑)
 
そこが、登山口みたいです。
 
ポストがありました。
 
 
しかし、この先の道がありません(汗)
 
かなり荒れています。
 
見た目は、段々畑?
 
夏なら草がしげって更に分からないでしょう・・・。
 
とにかく斜面を登るしかありません。
 
 
 
登山口から、ピンクのテープを目印に歩きます。
 
その後、標識が2時間位ありません。
 
標識が無いのは精神的に殺られますね。
 
初めて帰りたいと思いました(涙)
 
 
 
人1人歩ける道を寂しく歩きます。
 
本当に狭い道です。
 
途中でベンチが現れます。
 
そこで、地図を確認。
 
頂上までもうすぐです。
 
この辺りは、先日雪が降ったらしく真っ白でした。
 
 
 
その後、清八峠に到着。
 
久々の標識が現れました!!
 
 
 
そして、午前9時、清八山・山頂到着!!!
 
素晴らしい景色が待っていました。
 
 
 
つづく。

ホームを原宿から吉祥寺に移したジンです。
 
 
 
これは、3月26日(火)午前3時~午前6時に起きた出来事である・・・。
 
 
前回の死闘?から5日。
 
まだ体力が完全に戻っていません。
 
これから月末の天気を考えると、この日は絶好の山登りの天気!
 
しかし、前日雨が降ったので足場に不安がありましたが・・・。
 
 
 
今回の舞台は、山梨県・清八山。
 
JR中央本線沿いの笹子駅から出発します。
 
朝もそんなに寒くなく暖かいです。
 
 
 
高尾~大月方面の低い山は、ガスがかかっており不安でした。
 
しかし、大月より先に行くと真っ青な空が見えてきました。
 
お天気は絶好調!
 
そして笹子駅に到着。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
ピンク色の朝日が照らされました。
 
ここから、登山開始です。
 
予定では、14時位に下山出来ればいいなと思っていました。
 
しかし、これから新たな人物の登場で時間が・・・。
 
そして、助けられる事に!?
 
 
 
つづく。

写真(風景・自然)ランキング にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 アクセスランキング

↑このページのトップヘ