富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、5話の続きです。



気温が下がり出した日没前。

富士の雲が消え始めました。










イメージ 1
 EOS R RF50mm F1.2L USM









日が沈む頃、富士の色が更に紅く染まります。

もう少し面白い雲が発生するかなと期待していましたが、無難に終わっちゃいましたね。










イメージ 2










現場から撤収する頃に街明かりが灯り始めました。

暗くなってからもう一度見てみましょう。









イメージ 3









日が沈むと急激に気温も下がりました。

やはり寒波の力は強力です。

宴会の最中あまりにも寒いので、18時頃に気温を調べてみました。

すると-9度。

まだ日の入りから2時間くらいで、こんなに下がっているとは...

この後も更に冷え込む事になるのでした。










イメージ 4









今回は月の関係で寝る前に星を撮ることに。

22時くらいに富士山付近をオリオン座が上がってくるので、それを待ちます。









イメージ 5








いつの間にか富士山の雲は無くなっていました。

このまま朝を迎えてくれれば良いのですが...









イメージ 6









やはり35mmだとオリオン富士は未完成ですね。

RF24mmが発売されたら買うとしましょう。










イメージ 7










名物の富士河口湖町の夜景は素晴らしかった~。

何度見ても素晴らしいですね。

この後は、体力を回復させる為に就寝。

寝袋に入るとポカポカ暖かく快眠確定。

ラジオを消して横になると、上空では強い風の音が聞こえていました。

心配なのは気温より風なのですが、いまいち天候が読めません。

あの強風が下に降りてこない事を祈るばかり。

果たして翌朝、霊峰富士を捉えることが出来るのでしょうか...



つづく。