富士山好きの皆さん、こんにちは~。

それでは、最終話です。








イメージ 2









日の出の6時30分、神様への願いが通じたのか晴天の冬晴れ。

東京方面は見事な雲海。

しくじりが無いように再度ピントを確認、フィルターを上下させて山々が染まるのを待ちます。










イメージ 1
 EOS R RF50mm F1.2L USM cokin NDGZ4SO










冠雪している富士山、そして紅葉したカラマツ。

うんうん、ここまでは予定より。

しかし、これだけでは終わりませんでした。

更に素晴らしいプレゼント、なんと富士五湖から流れる雲海が見れたのです。

新道峠のライブカメラを確認すると、嬉しさを体で表現している方の姿が~(笑)

その気持ち凄い分かります、僕も同じ時間に騒いでましたから~。

この日は富士五湖雲海祭りでした。










イメージ 4










雁ヶ腹摺山を見ると月が沈もうとしていました。

ん~この時間に月を見るのは不思議な感じがします。

帰りはバスに乗るのですが、本当に本数が少ない。

手際よく片付けてハイペースで下山しないといけません。

いつも名残惜しくて富士を見入ってしまうのですが、今回はそれが出来ませんでした。

また頑張ってあの頂上から撮りたいと思います。

ありがとう、秀麗富嶽十二景1番、姥子山。









イメージ 3









今回の物語は、これで終わりです。

この日は朝から気温が上がり、空気の透明感が少しかけるような気がしましたが、大満足の山行でした。

毎回下調べして撮影に行くのですが、想像以上に良かったです。

雁ヶ腹摺山も良かったのですが、僕は姥子山の方が好きですね。


以前ブログのお友達から、「撮影にはイメージが大切」と教えて頂きました。

それから個人的にロケハンは最終確認の為で数枚撮る程度、あとはイメージを大切にして撮っています。

念入りな事前調査をして毎回本気で撮った方が無駄な時間が減るし、己のレベルが上がるのかなと思います。

毎回試し撮りだと、「いつ本番なの?」と言われそうなので(笑)


それと今回、RF50mm F1.2L USMをF16で撮りましたが、歪みが少なく周辺までシャープでしたね~。

PRO-1で印刷(A4)しましたが、見事にヌケの良い写りをしていました。

やはり気に入った作品はパソコンで観るより生々しく見えるので、プリントして見るのが僕は好きですね。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また時間をみつけて山に登りたいと思います。



おわり