富士山好きの皆さん、こんにちは~。

では、3話の続きです。










イメージ 1









百間干場に到着。

この辺りは古い物から新しい物まで、空き缶や瓶が沢山捨てられていました。

見てられないので出来るだけ回収。

20リットルのビニール袋はあっという間に一杯に。

これが結構重かった...

少しは山の神も喜んでくれたな。










イメージ 2









水源地に到着。

もう直ぐコースの半分。










イメージ 3










道が削られ岩がゴロゴロして歩きにくかったです。

どうしてこんな道になったのだろうか。










イメージ 4









やっと道標が見えてきました。

登り尾根への入り口です。










イメージ 5










この登り尾根は歩きやすく、順調に高度を稼いでいきます。

ゆっくり歩いて小休憩2回、予定通りの時間配分でした。










イメージ 6









やっと姥子山が見えてきました。

近いようでまだ遠いな~。









イメージ 7










大きな岩が現れました。

するとその先に、少しガードレールが見えます。

やった~、姥子山は近いぞ~



つづく。