カメラ好きの皆さん、こんにちは~。

王者キヤノンから発表されたフルサイズミラーレス、EOS R。










イメージ 2










発表の日、6D感があり当初見向きもしませんでしたが、それはダメよ~

思い込みは損するタイプ。

後日、Rをじっくり観るとこにしました。

するとビックリ


これを観る限り EOS R は 5D MarkⅣ と同じ位置づけじゃん

画素数は据え置きですが、新型センサーを採用。

高感度も上がってるし静止画の方では向上。

Rの液晶モニターで確認すると、5D4よりきめ細かい感じがして鮮明でした。



Rの価格ですが、まさか20万円台でくるとは思いませんでしたね。

やはり幅広い方に使って頂けるように、頑張れば買える価格帯にしてきたのではないのでしょうか。

RFシステムを普及させたいキヤノンの気持ちが伝わってきます。









イメージ 1









色々考えすぎて体調を崩しては本末転倒なので、実機を触りに品川のキヤノンへ行ってきました。

一人5分くらいしか試せないので何度も並び直しましたよ。

合計15分くらい触ってみた感想です。



まず気になっていた「FVモード」です。

いつもAVモードを使用時、いちいち上部の液晶を確認してISOを調整したりしていましたが、ファインダーを見ながら簡単に確認変更できました。

FVモード、かなり使えます。



ファインダーのEVFも違和感ありませんでした。

僕はメガネをかけているので5D4でファインダーを覗くと、隅のほうが見えにくかったのですが改善されていました。



それと瞳AFですが、顔に近づくとしっかり反応してくれました。

これは使えるAFですね。

発売数カ月後、コンティニュアスAF時も対応する噂があるので期待しています。



それにDPRAWとDLOが同時に使えます。

5D4では同時に使いませんでした。

DLOはボディ内かソフトで処理が出来ますが、どちらが良いのでしょうか...

僕はいつもDPRAWで撮ってソフトでDLOをかけるのですが、未だにどちらが良いのか解りませんね。

最新のデジック8で処理される方が強力な感じがしますが、キヤノンでも解らないみたいです...



マルチファンクションバーもAFを設定して試したのですが、不思議な感じがしました。

軽くスライドさせると、敏感に反応するのでビックリバーでしたね。

これは慣れが必要だと思いました。

練習、練習だ~



それと重さのお話です。

2本のレンズを付けて試してみました。

RF24-105は、軽い感じがしました。

どんどん撮りたくなる組み合わせです。

RF28-70ですが、大きいですが思っていたより軽い。

EF100-400と殆ど同じ重さですが、苦になりませんでした。

僕は短時間であの重さに慣れましたね。



試しに電源をつけっぱなしにしてディスプレイのみを消せるのか試しましたが、設定の工夫で出来ました。

でも、電池の消耗が激しいと思われます。

Rでは、低温(0度)でLP-E6Nで350枚撮れるみたいですから、5D4より撮れる数はかなり減りますね。

-10度ではどれくらい撮れるのだろう...

以前バッテリーグリップも買いましたが、山登りには重くて売っちゃいました。

そのかわりに、バッテリーをよく変えるやり方に変えたね。

面倒くさいですが、今はその方法が僕には一番合っていると思います。



人気のコントロールリング アダプターですが、よく考えれば僕にはあまり必要ないのかな

何故なら、将来RFマウントに変えるなら必要なのかなと。

ノーマルアダプターなら、キャッシュバックでタダ同然で買えますからね。

きっと珍しいから注文殺到したけど、冷静に考えれば...

もう少し悩みましょうか。



最初はRを買うつもりありませんでしたが、中級機であの価格を観たら驚きですよ。

5D4が発売当時42万円で買った僕ですが、その半額程度で買えるとは...

RFシステムの普及のために、ビックリ価格でキヤノンは出したのだと思います。

色々とスペックに対して賛否有りますが、あの価格ならきっと売れますよ。

発売後、もっと価格が下がると思うし。








イメージ 3









ボディより気になったのがレンズです。

僕がRFレンズ一本目を買うなら、まず50mmかなと思いました。

あのカリカリの作例観たら欲しくなりますよ~

まだ実物が無く試せなかったのですが、期待できる単焦点レンズ。

ただ価格が高いのですが難点ですが...

弱点を一つ上げるとすれば、前面の防塵防滴が弱いと言う事。

きっと解像度重視の設計で作ったのでしょうね。

フィルターを使えば、他のレンズと同等のレベルまで上がると言ってました。

不幸中の幸いで、このレンズは納期にしばらく時間がかかるみたいです。

この影響で考える時間が少し増えました。


RF50mm F1.2 L USM の作例








イメージ 4









そういえばショールームでチラシ頂けるのですが、2018年12月28日まで金額によって商品が頂けるみたいです。 

「キヤノンショールーム 製品購入 Thanks! キャンペーン」 
  https://cweb.canon.jp/showroom/personal/campaign/product-2018/index.html

例えば1万円以下はカフェボトルなど、5万円以上購入するとレンズマグカップがプレゼント。

あれも数千円しますから、お得感満載ですね~。

更に購買意欲に火がついたぞ~。

あ、まずい、まずい、もう買う気になってるねぇ...



先日、早くも新たな情報が入りました。

来年Rのフラッグシップが発表される噂が...

胃が痛い日々がしばらく続きそうです



では。