こんばんわ~。

毛無山、大石峠の写真を編集して印刷していました。

しかし完成度90%位から上がりません。

しかも写真を見るたびに完成度が下がってる気がしました。



いつも僕が編集している環境はLEDシーリングライトの直下でしています。

これは以前EIZOのスタッフの方に聞いたらダメだと言っていました。

理屈は大体解っていたのですが、今日までスルーしていました。



CG248-4Kの色と若干合わない。

購入した時からです。

殆ど写真とモニターは会っているのですが、目が肥えてきたのでしょうか?納得いかなくなりました。

照明を消した時部屋の中で見た色と、曇り空の下で見た色、晴天の空の下で見た色。

赤みが増したり、青みが増したり何が本当なのか迷っていました。



ある日、EIZOのセミナーの事を思いだしました。

写真を適切な色で見るなら5000ケルビン(5000k)だと。

5000kは早朝晴天の太陽の下で見る事になります。

毎日晴天は難しいですからね~。

そこである所に向かいました。



つづく。