富 岳 放 浪 記

追えば逃げ つかんだと思えば消える 蒼く 赤く 変幻自在の富士を捉える撮影の物語

若い頃は全く山に興味がありませんでした。
富士山を見てから山に興味が湧き、今では泊まりがけで登っています。
辛い事や危険な事がありますが、都会にはない非現実的な光景が見たいから登り続けていられるのかもしれません。
さて次は何処の山へ登りましょうか...

富士山好きの皆さん、こんにちは~。(^o^)
それでは続きです。

_E5A3573

春休みとなり、富士急行線の電車の中は95%高校生だ。
期末テストからも開放され、きっと嬉しさが最高潮に達してるだろう。
そんな高校生を見ながら、僕は座席に座れず約60分立ちっぱなし。
景色を見ながら色々考えていると富士急ハイランド駅に到着、すると彼らは一斉に下車して行った。
車両は貸し切りになり寂しさが漂う。
僕も次の駅で降りるので下車の準備をしようと座席に目を向けると、そこには財布があった。



続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~ (≧∇≦)
これから富士山好きの物語が始まります。
今回の舞台は、山梨県河口湖の北西にある標高1500m毛無山。

_E5A3739

ここは十二ヶ岳へ登る通過点でしょうか。
いや、僕はそんな事ないと思います。
十二ヶ岳より標高は低いが、負けないくらいの絶景がある。
コロナ禍のなか富士急行のバスの本数が激減し、撮影にブレーキがかかっていました。
本来なら西湖の根場に行きたかったのですが、歩き始めるのが11時スタートになってしまうので断念。
続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~。ヾ(*´∀`*)ノ
それでは続きです。

_E5A3406

午前6時、東の空が紅く染まりだします。
このまま富士山や山々を紅く染めてくれぇw!

続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~。(・ω・)
それでは続きです。

_E5A3297

避難小屋で少し休憩をしたのですが、なかなか体力が回復しません。
やはり歳のせいでしょう...
湯ノ沢峠に戻ってきました。
ここからの急登が辛いんだよなぁ。

続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~。( ^^) 
それでは続きです。

_E5A3243

今回は写真を少なめに集中して歩いたので、前回より30分早くここに到着していました。
無駄に沢山撮っても時間の無駄ですからねぇ。
これからは、枚数減らして撮っていこう思いました。

続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~。( ´ ▽ ` )ノ
それでは続きです。

_E5A3208

早朝の大月駅は非常に寒く氷点下の気温でした。
寒いと言いつつ山に登るのですから、僕は変人なのかもしれませんね。
いつものバス停へ向かいます。

続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~。(^^)/
厳冬期最後の撮影は、標高1988m白谷ノ丸周辺にスポットを当てます。

_E5A3363

前回ここに来たのは一年前、雲海を撮る事ができたのですが紅富士は撮れず不発に終わりました。
あの時の事を振り返ると、「なんで色々な構図で撮らなかったのだろう」と悔やんでばかり。
やはり、買ったばかりのレンズを中心に使いたくなるのは必然だ。
続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~。(*°∀°)
それでは続きです。

_E5A3108

夜明け前の杓子山、気温-7度。
先程まで晴天だったのですが、大量の雲がやってきました。
日の出まであと30分、山の神に祈りながら晴れるのを待ちます。

続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~。(^o^)
それでは続きです。

_E5A3091

午前3時に起床。
オリオン座は去ってしまいましたが、星空を堪能する事にしました。
しっかりと富士山が確認できたので安心しましたが、自然界は何が起こるか分かりません。

続きを読む

富士山好きの皆さん、こんにちは~。(⌒0⌒)
それでは続きです。

_E5A2994
  EOS R5  EF35mm F1.4 L Ⅱ USM  NUANCE GND4

頂上で撮影ポイントを散策しましたが、展望のよいところは限られています。
そこを厳選するのですが、その間にもどんどん時間は経過する。
山での時間はあっという間に過ぎ去ってしまいますね。
先程まで高い位置に太陽がありましたが、あっという間にこの位置だ。
それだけ夢中になっていたのでしょう。

続きを読む

トレッキングランキング にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ